■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。

 

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。

 



■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:180526

どんなに減量しても、
どうしても痩せられない身体の箇所ってありますよね。
部分痩せというのは、本当にすごく難しいです。

例えば、あしやせ。
最近は、細くないと履けないジーンズが多くなりました。
ウエストだけをみて購入したら、
ももで止まってしまったなんて経験はありませんか?
そんな事になったら、とっても悲しいですよね。

では、どうしてあしを細くできないのでしょうか?
一概にはいえませんが、多くの場合、
あしの「冷え」が原因で、
あしやせに成果が出ないみたいです。

下半身が冷えやすい方は、
その部分の基礎代謝が落ちているので、
脂肪が落ちにくいのです。

また、冷えにより血行も悪くなりますし、
リンパに老廃物が溜まりやすくなります。

冷えによる下半身太りの場合、
ただ、むくんでしまっているだけという事も多いのです。
冷えを改善し、リンパのマッサージで血行をよくするだけで、
あしが細くなったというケースも、少なくありませんよ。

もちろん、脂肪で太くなっている場合も、
基礎代謝がよくなれば、脂肪が燃焼されやすくなりますので、
あしやせ効果が期待できます。

この「冷え」というのは、あしだけでなく、
身体全身の減量においても、
痩せにくくなる原因になっている厄介なものです。

減量をする際は、
食事制限や体操だけでなく、
冷えの改善にも力を注ぐようにすると、
より効果が得られると思いますよ。

せっかくのあしやせの努力を最大限の成果に繋げる為にも、
このポイントは、しっかりと覚えておきましょう。



レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D