■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

 



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:180513

最近、盛んに言われている「食育」。

食育って、
これからの娘達にとってとてもよい事だとは思うのですが、
ふ〜む…本来「食べる」ことって
すごくシンプルな事なんじゃないかしら?と
思ってしまいます。

それこそ、
戦争中などは「食べる事=生きる事」だったわけで、
食べられるものは、
何でもくちにして「生きていく」事に必死だった時代ですよね。

それが段々、
豊かな食材と溢れ返るごちそうに囲まれるのが当たり前になって、
くちを開けば何か必ず入ってくる…という日々。

今の日本で、
「生きるために食べる」という意識を持って
ご飯をする人って何人いるのでしょう?

生まれたばかりの赤ちゃんは、
本能的に「これを飲まなきゃ死ぬのだ!」と、
母のおっぱいにむしゃぶりつきますよね。
そんなシンプルなところから「食」がスタートするわけです。

ところが、
そうやってみんな成長したはずなのに、
9時ライスを食べずに学校に行ったり、
塾通いで忙しいせいで家庭で夕食を食べることがない…という
娘達が多いのだそうです。

学校に行き、塾でクタクタに頭を使い、
家でをライス食べない(食べることができない)、
そんな娘達が実に多いこの現実…
僕は悲しくて仕方ありません。

本来、ご飯をしてると
自然に「楽しい」顔になるはずだと思うんですよね。

素晴らしい食材を使った豪華なご飯でなくても、
自然に笑顔が出てくるような雰囲気がおかずとしてあれば、
たとえおかずがフリカケだけだったとしても満足できるのではないでしょうか?

レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D