■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

歯科医師 求人
http://www.kujakukai.jp/



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:180913

減量って、
どうしてもツライというイメージが伴いますよね?

大好きなお菓子も我慢したり、
きつい運動をしなくちゃならないとか…

だからできるだけ早く
減量をクリアしたいと思ってしまいがち。

しかし、ボクたちの身体って
なかなか言うことを聞かないもの…

特に女性の場合には、ひと月に一回の特定の
時期にはやせにくくなるみたいです。

生理の前後というのは、
脂肪を溜め込もうという傾向が強くなりますし、
代謝の力も悪くなってしまいます。

つまり、太りやすくやせにくい身体になっているんですね。

減量をしようというのに、
なぜこのような事態が…と嘆きたくなる気持ちもわかります。
しかしこればっかりは、どうにもならないことなんです。

大体生理の一週間前から、
やせにくい時期に突入するといわれていますので、
減量を頑張っているのに、
体重が落ちなくなったとしても
あわてる必要はありません。

「例の時期がやってきたんだな」
というくらいの軽い気持ちでいることが肝心!

そして、
減量中のプログラムを
変えてはいけません。

生理の期間を過ぎれば、
再びもとの状態に戻ります。

体重が落ちないからといって、
あせって過激な減量に
挑戦するのはやめましょう。

体重が落ちないというのは確かに
減量をしている人にとっては、
大きなプレッシャーとなります。

もしかすると、ボクが悪いのでは?
と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

でも、
もし体重が落ちない時期が、生理とリンクしているのなら、
別に心配する必要はないのです。

減量はすんなりと
成功するものではありません。

山あり谷ありで、挫折することなく
続けることが一番重要なのです。


レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D