■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

歯科医師 求人
http://www.kujakukai.jp/



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:181121

せっかくトレーニングをするなら、
無理なく、効率よく体を鍛えられるとうれしいですよね。

さらに気持ちがよくて、楽しければもっといい…

そこでおすすめなのが、温水プールでのトレーニングなんです。

「プール=泳ぐ」と考えてしまいがちですが、
ただ水中で手足を動かしたり歩いたりするだけでも、
水の抵抗によって効果的なトレーニングになります。

しかも、水中では浮力が働くので
腰やひざなどへの負担は軽く、
故障やケガのリスクは陸上よりも小さいんです。

快適な温度が保たれた温水プールで
ふわふわゆらゆらと体を動かせば、
心身のリラックスも促されます。

水中では、
腕を前後に動かすような単純な動作でも、
体にかかる水の抵抗を変えることで、
トレーニングの強度が調整できます。

水の抵抗は、動く速さの2乗に比例して大きくなり、
手の指を揃えてのばしたり、指の間を広げたりすることで
強弱を変化させることもできます。

つまり、トレーニングの強度を高めたければ、
スピーディに、抵抗が強くかかる方法で動けばよいのです。

水中では水圧が働き、
力のある人には強い負荷、弱い人には弱い負荷がかかるので、
体に無理な力が加わることはありません。
これも水中トレーニングならではの利点です。

さらに、
水中でのウォーキングは効果的な有酸素トレーニングにもなるので、
簡単な水中トレーニングに慣れたら、
少しずつトライしてみるのもよいでしょう。

水中ウォーキングをするときも、
やはりあしの動かし方や腕の振り方で、
トレーニング量や鍛える場所を変えられますよ!

まずは、童心にもどって
水と戯れるように、
水中での簡単なトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか?


レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D