■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

歯科医師 求人
http://www.kujakukai.jp/



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:180709

人は赤ちゃんを産むと父母馬鹿になる。
父母馬鹿は父母としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全てのお母さんたちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

お母さんであるなら
我が子どもがどんな肉体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それはお母さんとして当たり前の反応なのである。

これが主人になると
父母馬鹿に余計に拍車がかかる。

むすめが歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
むすこがボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

主人は自分で妊娠や出産をしていないために、
嫁が思っている以上に父母馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
嫁も主人も父母馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子どもにとっては
父母が父母馬鹿になってくれるからこそ、
子どもは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば子どもが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから子どもは脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも父親もお母さんも
「子どもが一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
子どもは脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

父母が父母馬鹿になってしまうのは、
子どもが非常に可愛い顔をしているからである。

実は子どもが非常に可愛い時期と、
父母が父母馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

子どもが非常に可愛いからこそ
父母の理性のタガが緩んでしまい、
父母は子どもをとことん可愛いがることによって、
子どもは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。


レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D