■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療



■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:150414


簡単でお金もかからず、
比較的継続しやすい減量法として、
「重曹減量」っていうのがありますが、
皆様ご存知でしたか?

方法はとっても簡単です!
水に重曹とクエン酸やレモン汁などの酸をミックスしたジュースを、
食べる事の際に一緒に飲むというだけ。

作り方も大変簡単で、材料費も安い上、
食べる事中に飲むだけという手軽さによって、
比較的飽き性の人でも、
続けやすい減量の一つなんですよね。

重曹減量の仕組みも簡単で、
重曹は酸と混ざることで炭酸ガスを発生させます。
つまり、炭酸水になるって事なんですね。

炭酸水が腹を張らせる効果があるのは、
皆様知ってますよね。
腹の中で空気が充満するため、
食べる事と一緒に摂取すると満腹感を増幅させることが出来るんです。
それによって、
食べる事の摂取量が減るというシステムです。

市販の炭酸入りジュースと違い、
糖分などが一切入っていませんので、カロリーを気にする必要もありません。
ただ、食べる事と一緒に飲めばいいというわけです。

ですが、実は、
重曹減量の仕組みはこれだけではないんです。

重曹によって発生した炭酸ガスは、
腸の働きを活発にしますので、便秘解消にも役立つんです。

便秘は減量ばかりか、
女性にとっては様々なデメリットを与える大敵ですから、
これによって便秘を解消できるのは嬉しいですよね。

さらに、胃の中にたまった炭酸ガスは、
脂肪や糖分を排出させる効果まであるんですよ。
なので、無理をせずに減量することが出来るんです!

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

★メニュー

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で終わって安心のレーシック手術