■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:141202


あしが太い原因には、
3つのタイプがあるみたいですよ。

自分のあしのタイプがわかる事で、
あしやせの対処法も変わってきます。

例えば…
筋肉太りの方が、
脂肪太りの方向けの減量をしても
効果がでないのは当然ですもんね。

あしが太いタイプの特徴と対策を少し紹介しますので、
是非参考にしてくださいね。

まずは脂肪太り。
セルライトが多く、ももをつまむと、肉厚である。
ももに力を入れても脂肪がつまめる…
これが脂肪太りの特徴です。

脂肪というのは、
あしの中で最もももにつきやすく、
一度つくと簡単には取れません。

脂肪太りの原因は、
油ものによるカロリーの過剰摂取などです。

対策としては、食べ過ぎに注意し、運動し、
ももを動かす事を心掛けましょう。

次は、筋肉太り。
昔スポーツしていた、筋肉質なのに力が弱い。
力を入れても筋肉が動かない…これが筋肉太りの特徴です。

対策としては、やはり運動ですね。
筋肉は使わないと萎縮してしまいます。
基礎代謝が下がってしまう前に、運動するのが効果的なのです。
ハードな運動ではなく、ウォーキングやストレッチなどがお勧め!

最後に、水太り。
指で押すと、押した跡が消えにくい。
夕方になるとあしがむくむ、
ももがだるい…これが水太りの特徴です。

水太りというのは、女性に最も多いタイプです。
女性は、男性より筋肉が少なく、リンパの流れが滞りやすいのです。
結果、老廃物が溜まり水太りであしが太くなるわけです。

対策としては、
半身浴をしながらリンパのマッサージや
お風呂上りのストレッチなどが良いでしょう。

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

★メニュー

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で終わって安心のレーシック手術