■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意


■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。





■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:190216

(o・∀・)ノ*:;;;:*コンチクワ*:;;;:*

正しい減量は、
「痩せやすい体質をつくる」ことです。

そして
痩せやすい体質をつくるのに必要なのが
「基礎代謝」です。

つまり、
基礎代謝を制することが、
減量成功の大きなポイントとなるわけです。

基礎代謝は
体質を動かしていなくても、
体温を保ったり、呼吸をしたりするなど。
就寝中でも消費されるエネルギー代謝のことです。

要するに、
自分の意思とは関係なく
普通に生活しているだけで、
勝手に消費されていくエネルギー量のことなのです。

基礎代謝を上げれば、
1日の消費エネルギー量を増やすことができ、
普通に生活していても、
より多くのエネルギーを消費させることができるので
効果的に体質に溜まった脂肪を燃焼させることができます。

どのようにすれば基礎代謝が上がるのかというと…

基礎代謝は「筋肉量」と密接な関係を持っています。
筋肉量が多ければ基礎代謝も高くなるのです。
大食いなのに痩せている人は
見た目は細くても筋肉量が多く、
脂肪燃焼効率が高いので、太らないと考えられるのです。

基礎代謝は、
筋肉量を増やすことで高くなっていくので、
トレーニングなどで筋肉を使い、筋肉量を増やすことで、
代謝量がアップしていくんですね。

なので、
基礎代謝を上げるためには、
トレーニングで筋肉を鍛えることが必要となるのです。

トレーニングで筋肉を鍛えると言っても、
筋肉を大きくするような筋力トレーニングではなく、
筋肉を使うと考えてもらった方が良いですね。

ですから、
ジョギングなど簡単なトレーニングでも、
いままで眠っていた筋肉が目覚め、
機能しはじめるので代謝は向上しますよ!

簡単なトレーニングを習慣にして、
無理なく痩せやすい体質を目指しましょう!

おしまい!!!
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

★メニュー

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で終わって安心のレーシック手術