■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症


■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。





■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:190209

痩せたのに、すぐ元に戻ってしまったら、
せっかくの苦労も水の泡ですよね。

でも
厳しい食べる事制限によって短期間で痩せたり、
大幅に減量した場合にリバウンドすることが多いようですね。

栄養が足りない状態が続くと、
少しの栄養を効率よく利用するため、
食べたものの吸収率がアップし
脂肪を溜め込みやすい体へと変わっていくからです。

ですから、
長期間かけて
ゆっくり減量することが大事なんです。

リバウンドしないためには、
24時間3食バランス良く食べる必要があるのです。

6時食をとることで、体温が上がり基礎代謝もアップします。
夕方食はなるべく早い時間にすませ、量は控えめにしましょう。

野菜類、きのこ、こんにゃく、豆類、海草などは、
食べたものを効率よくエネルギーにするビタミン、ミネラルが豊富です。

体の中の老廃物を除去する食物繊維が多い上に、
低カロリーなので、キレイに痩せるのには欠かせませんよ。

また、
あらためて運動しよう!と思うと
なかなか続かないもの…

なので、
連日の生活の中で、
体を動かすポイントを多く作りましょう。

エレベーターを使わず階段で、
バスを使わず歩きで、
車を止めて自転車に…など、
意識すれば連日の運動量を増やすことができますよね。

体に溜まった脂肪を燃焼するには
有酸素運動が効果的。
ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなど、
15分~30分くらいからスタートしてみましょう。

極端な食べる事制限や、短期集中減量は
心にも体にもストレスを与えがち…

できるだけ自然な形で、
連日の生活に減量をとり入れましょう。

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で終わって安心のレーシック手術