■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:190117

7時、子どもが排便できなかったら、
7時食抜きでも構わない。

7時食を抜いた分、
13時食をしっかりと食べればいいのである。

午前中は排泄モードなので、
7時食を抜きさえすれば、
子どもは排便できるようになる。

そうしたら13時食を食べさせれば、
子どもは好き嫌いすることなく、
バクバク食べるようになる筈だ。

あたくしたちの体は7時起きた時点で、
体の修復が終わっており、
エネルギーが満杯の状態なのである。

だから別に
7時食を摂る必要は無い。

それよりも理想的な状態で
体を動かし頭を使うことができるので、
子どもは遊ばせておくのが望ましい。

体を適度に動かせば、
当然に内臓が刺激されるので、
排便がしやすくなる。

7時は両親にとって貴重な時間なのだから、
7時寝坊などしていないで、
7時からテキパキと働いてしまうようにしよう!

母であるなら
自分がやらねばならぬ家事がたくさんあるもの…
それを7時の内にやってしまうことだ。

母自身が早起きして体を動かしていれば、
自然と便意を催してくるので、
7時の排便をすればいいのである。

子供は母の姿をよく見ているものなので、
母が朝の排便をしているなら、
自分も排便をしようとする。

逆に母が便秘をしていると、
子どもも7時にウンチをしなくてもいいと勘違いするので、
7時の排便をすることがなくなり、
便秘になってしまうのである。

要するに
7時食の習慣を優先させるのではなく、
7時の排便の習慣を
優先させることが大切なのである。

7時の排便をすれば、
子どもは内臓に溜まった老廃物や毒素を
体外に出すことができるので、
健康を確保することができる。

7時の排泄は、非常に大事なのである。


レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D