■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:180614

お子様の頃、
ミーは妹に嫉妬してました。
小さい頃の妹はとっても可愛いかったのです。

姉が言うのもなんですが、超キュート!
しかも、恥ずかしがりで、人見知りで、泣き虫。
悔しいけど、可愛かった!

なので、
よく一緒に遊んでは、いじめてました。

2人でお使いやショッピングに行った時、
道に迷ったり、買いたいものが見つけられず困った時は、
ぜ〜んぶ妹の責任。

ミーは、産まれた時からそこそこ体格がいいので、
2歳年下のさらに体格も小さい妹には脅威。

そのミーが、
妹を全力で殴って蹴って、階段から突き落としていました。
妹は、ミーに立ち向かう為には、武器を使うしかない…

そんなミーを姉に持ち、
妹は思春期に大きな変化を遂げました。

妹は、精神的にかなり強くなっておりました。
人見知りなんて可愛いものは何処に行ったのか、
面と向かって身内でも他人でも、どんどん食って掛かる…

英語もろくに喋れないのに、
海外もしょっちゅう長い期間、単独で行くし…

それはそれで、
その部分をミーは嫉妬します。

それを感じると
またケンカを吹っかけます。

その日のケンカは、
妹の背中にアザを残しました。

階段の上からイスがミーの頭めがけて降ってきました。
とても情熱的なケンカです。
2人ともいい歳して…

それから数日して妹は家を出ました。
ミーと一緒の空気を吸いたくないから。

かれこれ二年、妹と会っていない…
嫉妬するほど好きだったんですどね。

しょちゅう2人でカラオケやショッピングに行ってたし、
一緒のバイトもしてたし、
2人で旅行も行ったりしてたし…

でも今は、接触すら断たれております。
嫉妬と上手く付き合えなかったミーのミスですね。


レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D